123A4339.jpg

Event in

9/5 Sat・9/6 Sun

自身で作る、竹編みの贅沢。

~小ぶりの手提げ籠をひとつ ~

9月5日(土)6日(日)

自身で作る、竹編みの贅沢。

~小ぶりの手提げ籠をひとつ ~

今回は竹編み作家の長谷川由美子さんを講師にお招きしてのワークショップです。自身の手で作る、可愛いサイズの持ち手付きの籠は秋の訪れをより豊かにしてくれるような様々な表情で、暮らしに潤いを与えてくれますよ。作家さん指導の元で、他では手に入らない素敵な竹編みの作品を作りませんか。

Special Lecturer

Yumiko Hasegawa

Bamboo knitting artist

長谷川 由美子先生

竹編み作家
​キノネ工房

京都伝統工芸専門学校竹工芸卒業後、京の名工である茶道具作家平安竹美斎氏に師事し、竹工芸の技術を学ぶ。2011年より竹編み作家として活動。その後、夫と共に木彫刻と竹工芸のユニット「キノネ工房」を立ち上げ、暮らしの道具や雑貨を製作している。又、竹編み教室やワークショップを通じて竹編みの魅力を伝えている。

  • Instagram

Collection of works

Event Detail

貴重な講座は、

少人数で二回の開催です。

新型コロナ禍の新たな波が漂い始めていますが、今回のワークショップは少人数での技術指導でしか行えないうえ、黙々と作業に取り組むことから、感染拡大予防を徹底したうえで開催することと致しました。一度に指導できるのが6名までということで、二日間の開催で各日6名様、合計12名様限定の竹編みワークショップです。静かに黙々と進むワークショップで、貴重な時間の流れを竹編みに織り交ぜてみませんか。

今回だけの、オリジナルデザインです。

今回の開催にあたり、竹編み作家の長谷川由美子さんに可愛いサイズの籠を特別にデザインして頂きました。500mlのペットボトル2本が余裕で入るほどの小ぶりな手提げの籠。涼しげな表情もありながら、秋の訪れから暖が恋しくなる頃になってもその柔らかな佇まいは暮らしに潤いを与えてくれそうです。お出かけにも、ちょっとした飾りや、見立てでお花をあしらうのも良さそうですよ

竹と向き合う、贅沢な時間。

素材を選び出し、材料を一本一本手作業で加工するするところから始まる長谷川由美子さんの作品ですが、今回のワークショップでは調整に時間のかかる底の部分をあらかじめ長谷川さんが仕上げてくださいますので、形にしやすいところからスタートします。それでも作業は丁寧に行うと少々時間もかかりますので、昼食用の軽食をプレゼント。つまみながらでも作業を進められるよう、フィンガーフード&ドリンクを山崎亮子さんが担当してくださいます。

ご参加情報

開催日  

​開催時間
 

 

参加費

 

 

 

 

 

開催場所


参加方法

スタンプ

 

​対象年齢

定員
 

ドレスコード

 

​お持物

:9月5日(土)6日(日)

:9:30開場 

 開始10:00~15:00終了予定

 

:5,000円​

 (フィンガーフード&ドリンク付き)

(参加費=材料代のみ

/講師料は清水工務店が支払います)

(フィンガーフード&ドリンクは

清水工務店からのプレゼント)

 

:A-Port(場所はこちら


:アプリまたはHPからのご予約

:1個(ご参加の際にスタンプを

  1個プレゼントいたします。)

 

:高校生以上

 

各先着、6名様

:特にございません

​軽装でお越しください


:エプロン、タオル、マスク着用


 

応募方法につきまして

参加にあたっては必ず以下の注意事項をお読みになり、応募方法は、アプリまたはホームページから応募フォームに移動、必要事項に記入いただき応募してください。

■スマートフォンの方はこちらをクリック

イベント申込開始を随時お知らせ!アプリについて:

A-portのイベント申込などを随時お知らせしている便利なアプリがございます。また、アプリからもイベントのお申込みが可能です。

■パソコンでご覧の方はスマートフォンで下のQRコードを読み込んでください

 

 

 

またはスマートフォンにてApp store、Google play で「清水工務店」と検索してください

※お申し込みは一名様ずつお願いします

A-port

〒931-8333 富山市蓮町1丁目12番25号